行政

その他

高齢者の持ち家流通促進、FPによる窓口業務に助成

 国土交通省は、中古住宅流通を活性化させるために、所有する持ち家などを有効活用したい高齢者やその家族を対象にした相談窓口事業に対して助成を始める。  持ち家率が高く、次のライフスタイルへの移行を図るアクティブシニアをメーンターゲットに、持ち家を売却・賃貸などの市場に流通させる仕組みをつくることが目的。相談業務は、おもにファイナンシャルプランナー(FP)が担当し、税理士や弁護士などによる専門的な相談 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年7月20日