団体

その他

不動産協会、大都市、住生活で提言、構造変化に対応し年内に

 不動産協会(木村惠司理事長)は、大都市と住生活のあり方について政策提言に向けた検討を進めている。少子高齢化、国際化など不動産業界を取り巻く構造変化を問題意識に、東京オリンピック・パラリンピック終了後の2020年代を見据えた提言を、年内にもまとめる考え。  外部の有識者を交えて論点整理を進めてきた。都市分野として、国際競争力の強化、暮らしの場としての大都市の整備、国土構造における大都市の役割を検討 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年7月13日