その他

連載

不動産金融のチカラ(108)、澤田 考士、量的緩和過程で生じる資産価格上昇

 J-REITは、大規模な量的金融緩和策における日銀の買い入れ対象の一つとして明示されており、この点が価格を押し上げる要因の一つになっているものと推察される。だが、日銀による買い入れは、J-REIT価格の下支えを目的として実施されているのではなく、マネタリーベースを増加させ、物価上昇を実現させることが最終的な目標である。したがって、現在の量的金融緩和策の結果、望ましい水準の物価上昇が最終的に実現す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月27日