不動産流通・売買・仲介

その他

日本で大型取引、商業不動産1.5兆円、1-3月期JLL

 米不動産大手のJLLはこのほど、今年1-3月期の商業用不動産投資額が前年同期比4%増加の1480億ドルで、12四半期連続で1000億ドルを突破したと発表した。  日本は目黒雅叙園や東京スクエアガーデン、青山ビルディングといった大型売買もあって6%増の129億ドル(円建てベース23%増の1兆5400億円)となった。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月27日