その他

連載

実録 鑑定の現場から、不動産鑑定士・海老沼事務所代表・海老沼 利幸、(81)、宅建士に伴う義務強化、前向きに捉え自己研さん

 「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」と名称が変更になることで、今までより専門家としての責任が重くなる方向へ進んでいくと、何回か前のコラムに自分の予測や意見を述べさせていただきました。  方向性は「者」のときよりも「士」となった以降は、個人的な責任などが重くなることに間違いはありません。確かに今までも「者」としての義務はさまざまあったのですが、その責任は「○○さん」という人が問題であって、そ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月27日