統計・データ

その他

2015年度住宅着工は92万戸、建設経済研究所調べ市場活性化策など影響

 建設経済研究所は、建設投資の見通しを発表した。建設経済モデルとして、需要動向や金利などと関連づけた方程式体系で建設投資活動を表し、景気の動きに合った見通しを描くことを目的にマクロ計量経済モデルで導き出す。金融財政政策や海外景気の変動が建設活動にどのよな影響を及ぼすかなども計算できる。  2014年度の民間住宅投資は前年度比9%減の14.4兆円、15年度は同3%増の14.9兆円となる見通しを示した ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月27日