行政

その他

首都圏広域地方計画大地震前提に街づくり

 首都圏広域地方計画協議会(会長=橋本昌・茨城県知事)は22日、国土形成計画の中間とりまとめを受けて、首都圏広域地方計画の骨子案について検討した。  15人からなる有識者懇談会が審議し、13人からなる有識者アドバイザリーの意見も取り入れた同計画では、これからの10年を日本の命運が決まる“運命の10年”と位置づけ、首都直下型地震が起きることを前提とした計画を策定する。  骨子案では東京五輪に向けた準 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月27日