賃貸管理

その他

賃貸3月業績、建築受注が2桁増、通期でも増加

 賃貸大手各社の3月業績は建築受注高が軒並み2桁増で、通期でも前年度比増となった。入居率も高い水準を維持している。受注は相続税改正でアパート建築需要が増えるため今後も増加が見込まれる。  大東建託の建築受注高は3カ月連続で増加した。3月単月の受注高としては過去最高だった。営業マン一人当たり受注高は2828万円(前年同月比352万円上昇)となった。14年度通期受注高は6606億3900万円(前期比5 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月27日