その他

連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(176)、配当見込めない差し押さえで任売不成功、市に注意義務あり、賠償認める

【はじめに】  国税徴収法48条1項は、国税徴収に必要な財差以外は差し押さえられないとし、2項では差し押さえる財産の価格が滞納処分に優先する債権の額を超える見込みのない時は、差し押さえを解除しなければない(無益差押禁止)。  Aは、平成22年7月2日に死亡。相続人の存否不明のため、成立した相続財産法人について裁判所は、B司法書士を、平成23年7月8日、相続財産管理人Xに選任した。  Y市は、平成1 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月20日