行政

その他

住居より環境に不満、国交省、住生活総合調査

 国土交通省は、5年ごとに実施している住生活総合調査の2013年の結果(速報集計)をまとめた。今回初めて「住宅に対する不満」(24.9%)が「居住環境対する不満」(27.1%)を下回った。  「住居と居住環境に対する総合的な評価」で不満と答えた割合は1983年の38.4%から低下が続き、22.1%だった。  前回調査と比較すると、過去5年間で実際に住み替えたとの回答はマイナス1.9ポイント、建て替 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月20日