その他

特集

【北陸新幹線長野~金沢開業特集】、需要創出の期待高まる、地域経済活性で“裏日本”を返上

 新幹線が金沢まで開通したことで北陸が沸いている。東京から富山までの所要時間は最短で2時間8分、金沢が2時間28分と従来から1時間以上短縮された。1965年の計画から実に半世紀を経て実現した。上信越・北陸地方を経由して東京と大阪とを結ぶ。97年に高崎―長野間が開業し、3月14日には長野―金沢駅間が開業。東京から富山、金沢へのアクセスが飛躍的に向上した。地元は経済活性化への期待を強めており、住宅・不 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月13日