団体

その他

不動産市場の変化でシンポ、不動産学会安倍政権の影響探る

 日本不動産学会は5月29日、春季全国大会シンポジウムとして「第2次安倍政権発足以後の不動産市場のキーワードと変化」を開く。安倍政権が掲げる「地方創生」が地方への投資を呼び起こすキーワードとなるかどうかなど、今後の変化の方向性を探ることをテーマとする。  シンポでは、慶応義塾大学の片山善博教授が「『地方再生』の虚実」と題して基調講演を行う。続いてULIジャパンのマイケル・オーエン・エグゼクティブデ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月13日