その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(146)、借地権契約の更新と更新料、曖昧な内容の契約、双方が納得する査定

 日曜日のガランとした弁護士事務所をR氏と訪問した。6年前にR氏が購入した借地一棟マンションの借地権契約の更新である。  対面するなり、「1カ月前に更新の案内を送ったのに、何も連絡が無いっていうのは残念だね。なんで?」。いきなり上から目線。ちょっとクセのある弁護士のようだ。  ちょっとざわついた気持ちのまま本題に入る。まずは、一番大事な更新料。改めて現在締結されている借地権の契約書を確認すると、「 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月13日