その他

連載

ざっくりわかるニュースの要点(ツボ)、レンタル、サービスオフィス、共用サービスの需要広がる、受け付け常駐など高サービス化

 競争力を保つことが難しい築年数が経過した小規模オフィスビルなどを、レンタルオフィスやサービスオフィスに転換して収益化を図る対策が広がりを見せている。  レンタルオフィスは、リージャスやサーブコープなど世界各地で事業を展開する外資系企業が、90年代後半に日本に会社を設立することで広まったビジネスモデル。  リーマンショック以降、スペースだけを提供する“部屋貸し”が広がりをみせていたものの、近年は受 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月13日