住宅金融機構・都市機構

その他

家賃の引上げ、今年度に計画、UR都市機構

 UR都市機構は、2015年度の年度計画を策定した。継続家賃について、将来のインフレリスクに対応するため、改定周期の短縮や引き上げ幅の拡大など家賃改定のルール見直しを行う。  民間事業者や地方公共団体による都市再生事業を含む340ヘクタール程度の区域で市街地環境の改善や都市機能の更新・高度化を推進する。地方都市などのコンパクトシティ推進など地域活性化で4地区程度、密集市街地の整備改善での10地区程 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月13日