行政

その他

データフラッシュ、国交省の工事受注動態、大規模案件増で住宅、事務所で伸び

 国土交通省がまとめた2月分の建設工事受注動態統計調査によると、民間の建築・設備工事受注額は前年同月比75.5%増の7581億円となり、4カ月連続で増加した。  このうち不動産業からの受注は同74.6%増の2812億円と2カ月連続で増加した。工事種類別の最多受注額は「住宅」の2058億円となり、以下「事務所」1706億円、「倉庫・流通施設」958億円と続いた。  発注者別での工事種類別受注額では不 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月13日