行政

その他

サ高住、自治体関与で街中誘導、国交省介護計画に沿って支援

 国土交通省は7日、「サービス付き高齢者向け住宅の整備等あり方に関する検討会」(座長=高橋紘士・高齢者住宅財団理事長)を開き、中間取りまとめを行った。地価が安く利便性のよくない地域や市街化区域外など利用者にとってアクセスしづらい立地での供給が多いなどの問題が表面化したことを受け、地域包括ケアやコンパクトなまちづくりと一体的な整備を進めるため、供給目標量や立地のあり方を明示することなどを提案した。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月13日