開発

その他

東急電鉄が新中経、渋谷再開発と沿線深耕、全国で訪日客誘致

 東急電鉄は、17年度までの中期経営計画をまとめた。渋谷再開発や相鉄・東急直通線などの大型プロジェクト完成が18年度以降になることから「次の飛躍へのステップとして、沿線を深耕するとともに、新たな成長にチャレンジする」期間に位置付けた。  計画期間中の投資額は4500億円。渋谷再開発などの戦略事業(770億円)や沿線開発(530億円)などの成長投資には2000億円を充てる。  安心感と満足感の一層の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月6日