団体, 資格・試験

社説

【特集「宅建士」誕生】、主要団体の取り組み、人材育成で業界活性化

 改正宅地建物取引業法が施行され、4月1日に「宅地建物取引主任者」は「宅地建物取引士」となった。改正は名称変更にとどまらず、宅地建物取引士の知識・能力の維持向上や、宅地建物取引業者の従業者教育の規定を盛り込んだ。宅建士が信用・品位を損なう行為も禁止した。宅地建物取引士は、不動産取引のプロとして、常に最新の法令などを適確に把握し、これに合わせて必要な実務能力を磨くなど、不断の自己研さんが求められてい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月6日