資格・試験, その他

特集

【特集「宅建士」誕生】、宅地建物取引業法の変遷と業界の動き、ストック重視の流れ強まる

 1952年に宅建業法が成立して日本の近代不動産業界はスタートした。  60年代に入ると、住宅・不動産業界では民間企業による分譲が活発化し、建売住宅だけでなく分譲マンションも本格的に登場。宅建業法は、67年改正で、誇大広告や詐欺まがいの契約への対策として、誇大広告の禁止と、重要事項説明制度を導入。悪徳業者の排除から消費者保護への変化が本格化する。  70年代ころから不動産流通への注目が高まった。建 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月6日