不動産流通・売買・仲介

その他

既存擁壁保証サービス、東急リバブル首都圏などで提供

 東急リバブルは、「リバブルあんしん仲介保証」に新たに「既存擁壁保証」サービスを設けて4月2日から適用した。擁壁は高低差のある傾斜地などで斜面や段差の崩壊を防止するために造られる構造物で、住宅の地盤を支える役割を担う。  保証では土地取引の際の既存擁壁の現状を調査し、そのまま利用できるかどうかを判断する。同社既存サービスのあんしん土地チェック(土地現況調査)を使い、擁壁の高さ・幅を測量した上で、建 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月6日