不動産流通・売買・仲介

その他

東急リバブル、投資家サービス強化、空室保証と地図情報の多言語化

 東急リバブルはこのほど、相次いで投資家向けサービスの強化を打ち出し、投資用区分マンションに特化したサービスを4月2日から始めた。年金問題や相続対策などの観点から区分所有マンションに対する投資ニーズが高まっていることに対応する。すでに昨年10月に社内に専門部署を設けて準備を進めていたもので、「リバブルマンション投資サポート」として提供する。  サービスでは賃借人の退去や設備故障といった投資家のリス ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年4月6日