資格・試験

その他

資格取得で能力向上、社員教育への導入も

 宅地建物取引主任者は「宅地建物取引士」へと名称変更し“士業”となる。今回の改正で「必要な知識および能力の維持向上に努めなければならない」との文言が新たに追加されたように、不動産業者は、リフォームや資産運用など、より一層多様化するニーズに対応することが求められている。消費者のニーズに応えられるように資質・能力を向上させ、従業者のレベルアップに役立つ手段のひとつが資格取得だ。 ■時代即応のプロを養 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2015年3月30日