不動産流通・売買・仲介

特集

【不動産流通特集】ラウンドテーブル、中古戸建て流通に本腰、適正な建物評価が鍵、金融機関と共同歩調で

 国土交通省の「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル」の報告書案は、新たな建物評価指針を市場に定着させるための方策や、リバースモーゲージをはじめとする新たな住宅金融商品を開発する必要性について触れている。金融機関が委員として参加し、オブザーバーに金融庁を巻き込みながら、新たな建物評価指針の定着などを目指し、中古住宅の流通拡大に向けた政策が注目を浴びている。  報告書では、建物評価は、指針の周知に併せ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年12月22日