その他

その他

投資・資産運用・賃貸経営、原野商法二次被害に注意を、名簿出回り高齢者中心に拡大

 1970年代から80年代に被害が相次いだ原野商法の二次被害が拡大している。当時の被害者に対してさまざまな理由で契約をさせるもので、とくに高齢者が被害にあっている。国民生活センターでは注意を呼びかけている。 ●「所有地売れる」と勧誘  原野商法は開発の見込みがほとんどない原野や山林を、時価の何倍もの価格で売りつけるもの。「別荘地として値上がりする」「まもなく駅ができて便利になる」などといって高額 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年12月22日