団体

その他

全任協任意売却市場を健全化、佐々木延彦代表理事に聞く、有資格者1000人目指す

 全国住宅ローン救済・任意売却支援協会(全任協)は2010年、同協会の代表理事を務める佐々木延彦氏が中心となり設立した一般社団法人だ。任意売却(任売)とは、住宅ローン返済が不能になった場合、債務者が債権者(金融機関)との合意のもと、自らの意思で不動産を売却する方法。住宅ローンの支払いで破たんするケースが増加するに伴い、任売市場も拡大しているが、業者の知識不足やモラルの欠如などでトラブルに発展する事 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年12月22日