行政

その他

国交省、団地再生、街づくりで、検討案敷地売却創設にも期待

 住宅団地の再生に向けた施策の整理が進んでいる。国土交通省の住宅団地再生のあり方検討会は、権利関係など複雑な合意形成をはじめ、立地・規模別で異なる事業資金面や建築規制など再生に立ちはだかる課題点を浮き彫りにした。課題の解決には敷地売却できる制度の創設や、団地再生を都市計画として位置づけ、地域で抱える課題と合わせて解決する街づくりの方策などを有力視する。  一括建て替え決議の合意形成には、各棟で3分 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年12月22日