開発

その他

日本土地建物平松哲郎社長に聞く、経常利益150億円へ、再開発「都心3区」を強化、戸建ノウハウでマンションも

 今年11月に日本土地建物の社長に就任した平松哲郎社長は「まずは日新建物との統合シナジーを引き出す。人材育成や商品・サービスをより高めることによって日土地ブランドを確立するとともに、築年の経過したアセットの建て替え・再開発、資金循環型(販売型)の開発事業などに積極的に取り組みたい。両社合わせて100億円(14年10月期速報値)だった経常利益は、今期115億円、数年間で150億円規模に引き上げる」と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年12月22日