行政

その他

大規模建築省エネ義務化、16年度にも不適合は着工認めず、新築対象

 国土交通省は18日、オフィスビルや商業施設、ホテルや病院などの大規模建築物を新築する際、省エネルギー基準への適合を義務化する方針を固めた。省エネ基準に適合しなければ着工を認めない姿勢だ。現行の省エネルギー法では省エネ措置の届け出義務はあるものの、基準適合の義務化を定めていなかった。来年の通常国会で関連法案を提出し、2016年度以降の施行へ向け駒を進める。  同日の社会資本整備審議会・建築環境部会 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年12月22日