行政

その他

今年度補正予算、エコP再開、F35金利0%台へ

 政府は年内にまとめる経済対策のうち、住宅市場の落ち込みを下支えする手当てとして住宅エコポイント制度やフラット35Sの金利引き下げ幅の拡大を盛り込む方針だ。あわせて2000億円程度を今年度の補正予算案に計上する見通し。  省エネ性能や耐震性に優れた住宅を新築したり改修したりするとポイントを付与する住宅エコポイントは、これまでに2度実施している。決定すれば2年半ぶりの復活となる。来年3月までの契約分 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年12月22日