その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(135)、あえて短期返済を利用、組み合わせで資産規模拡大、リスク分散、安全性も確保

 ある程度の自己資金や資金調達力は必要となるが、1棟アパートなどの事業用不動産を取得すると、200万円、300万円のキャッシュフローを発生させる仕組みはわりと簡単につくり込める。その次の展開として、都心の中古区分ワンルームをポートフォリオに組み込む方法も面白い。  例えば、所有のアパートからの年間キャッシュフローが300万円とする。追加で、都心の1000万円程度(諸経費込)の中古ワンルームを取得す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年12月15日