その他

連載

不動産投資家のための知って得する税金塾、(50)、土地評価の落とし穴、事例9.高圧線下の土地

 上空を高圧電線が通る土地は、特別高圧架空電線の架設等を目的として地下または空間に地役権が設定され、家屋の建築等が制限される。すなわち、通常の土地に比べて、その価値は劣ることになる。そこで、家屋に対する建築制限の程度を考慮し、それぞれ次の割合を区分地上権に準ずる地役権の割合として、自用地としての評価額から控除して評価額を計算する。  (1)家屋の建築が全くできない場合…50%または借地権割合のいず ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年12月15日