分譲, 統計・データ

その他

都心6区、分譲マンション供給、シェア拡大も単価横ばい、不動産経済研

 不動産経済研究所がまとめた東京都心6区(千代田、中央、港、新宿、文京、渋谷)の分譲マンション供給動向によると、リーマンショックが起きた08年に11.2%だった東京23区における供給シェアは年々高まり、13年には32.3%に達した。14年1~10月は32.5%とさらに拡大した。  1平方メートル当たりの単価は08年に139.5万円のピークを付けたあと、100万~110万円台前半で安定的に推移してい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年12月15日