その他

連載

2014年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、賃貸住宅は売り手市場、海外投資家、現金一括で存在感

 11月4日、全米で行われた中間選挙ではオバマ政権を支える民主党が大敗を喫し、残り2年の政権運営に暗雲が立ち込めている。一方、今年の不動産市場は景気の先行き期待が膨らんだ1年となったが、海外投資家の増加など取引市場では新たな問題点も指摘されている。アパートなど賃貸物件の売買取引事例を通じて見た最新の傾向をまとめた。  賃貸アパートをはじめとする不動産は、依然として個人による投資熱が高い。この市場で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年11月24日