行政

その他

国土形成計画、人・物・情報、列島を循環、中間骨子案巨大災害リスク回避へ

 国土交通省の国土審議会・計画部会は、新たな時代に対応した国土形成計画の中間整理骨子案を示した。三大都市圏を軸にICT(情報通信技術)を活用して人やモノ、情報が都市部と地方で循環する「対流促進型国土」を基本方針に据える。街づくりでは都市部・地方ともに行政や医療・介護といった生活に不可欠なサービスの集約化を根幹に、人口減少社会や巨大災害時のリスクを最小限にとどめる狙いがある。  骨子案は、都市と地方 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年11月24日