その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(1017)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、土壌汚染で大幅減価の281万円対策費用7000万円の特殊物件、売却基準価額の18倍超で落札

 11月6日開札も、すべて落札の状況であった。活況が続く競売市場であるが、この日は入札66本、売却基準価額の18倍を超える落札価格の物件が登場した。  その物件は東京メトロ副都心線「小竹向原」駅徒歩約10分に所在する土地付建物である。土地は北東側、南東側でそれぞれ幅員4メートルの公道に面する角地で、地積は約70坪である。建物は用途が、工場・事務所・居宅であり、築41年の鉄骨造3階建て、延床面積は約 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年11月17日