その他

特集

不動産投資家のための知って得する税金塾、46、土地評価の落とし穴、事例5.無道路地

 今週は無道路地(道路に接していない土地)の評価方法について説明する。  図の様に道路にまったく接していない土地や接道義務を満たしていない土地が対象となる。接道義務とは、建築物の敷地が道路に接すべき最小限の間口距離の要件をいい、建築基準法や建築安全条例等で定められている(本例の場合、2メートルとする)。  評価にあたっては、まず、AとBを合わせた想定整形地に基づいて不整形地の評価を行う。そこから通 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年11月17日