行政

その他

街の景況感、住宅は3カ月連続悪化、先行きも鈍化職人不足で受注慎重

 内閣府が11日に発表した10月景気ウオッチャーによると、街の景況感を示す現状判断指数は44.0と前月比3.4ポイント低下で2カ月ぶりに悪化した。先行き判断指数も同2.1ポイント低下の46.6と5カ月連続して悪化が続き、現状.先行きともに景気動向の基準となる50を3カ月連続下回った。  住宅関連では前月比4.2ポイント低下の42.6と3カ月連続で悪化した。先行きでも同4.5ポイント低下の42.0で ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年11月17日