行政

その他

中古活性化、戸建の価格評価見直し、耐用年数30~50年に設定

 住宅・不動産と金融関係者らで構成する国土交通省の中古住宅市場活性化ラウンドテーブルでは、価格査定マニュアルの改訂に向けた検討が進んでいる。主に戸建ての評価を躯体性能や設備の劣化状況に応じて算定し直す方針だ。一方で融資環境の改善も求められている。低金利や返済長期化など消費者にとってメリットのあるリフォーム一体型ローンは、リフォーム事業者と金融機関の連携が不十分なまま普及が進んでいないのが実態だ。中 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年11月10日