その他

その他

投資・資産運用・賃貸経営、高齢者住宅の供給支援、11月5日ヘルスケアリート“初上陸”

 Jリート(不動産投資信託)は、投資家から集めた資金を使いオフィスビルやマンション、商業施設を購入して、その賃料収入や売却益などを原資に投資家に分配金を支払う。小資金で不動産投資できる金融商品として個人投資家にも徐々に浸透してきた。株価(投資口価格)が上昇すれば売却益も狙える。東証の株式時価総額491兆円(9月末現在)と比べてマーケット規模の小ぶり感は否めないものの、今年9月にはJリートの時価総額 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年11月3日