行政

その他

訪日客「和室」が人気、“くつろぎ”に魅力、リピーターは温泉も

 外国人宿泊客は旅館経営者が懸念するほど言葉の壁に不自由を感じていないほか、和室や和食と同様に「安心してくつろげる」ことを大きな魅力と感じている実態が国土交通省・国土交通政策研究所の調査で明らかになった。  外国人観光客呼び込みの有力な担い手となる旅館について、外国人旅行者受け入れ態勢や外国人にとっての旅館の魅力などの調査結果を公表した。  調査によると、旅館滞在中に「言葉が通じなかった」と回答し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年11月3日