行政, 団体

特集

【新年特集・安心して暮らせる新しい時代のまちづくり】ケーススタディ/地元警察と官民一体の防犯組織/『空き巣』と戦う/埼玉県宅協南彩支部の取り組み

 埼玉県宅協南彩支部などがアパート・マンション防犯協議会を設立したのは、2003年7月。ピッキングなど、管内の空き巣被害増加に頭を痛める蕨警察署の呼びかけに応じ、同署所轄の戸田・川口・蕨の3市の県宅協加盟不動産業者約380社が団結、蕨市の南彩支部が主体となって、設立されたものだ。事務局は蕨警察生活安全課内に設置され、官民一体で空き巣被害根絶を目指している。警察が民間組織と共同して防犯組織を設立する ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年1月1日