その他

連載

自分を磨く不動産営業(74)/新年へ向けて/一年の計は元旦にあり

 「一年の計は元旦にあり」といわれ、元旦は自分の人生を考えるのに良い機会である。一回しかない人生、とりかえしのつかないこの人生をどのようにデザインし、プロデュースしていくか、それは自分自身の考え方、行動によって変わる。\n 筑波大学の名誉教授の村上和雄さんによれば、脳障害を持っている人と、ノーベル賞を受賞する人の遺伝子の差は0・1%しかないという。人間はほとんど差のないにもかかわらず、イキイキと輝 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年1月1日