賃貸管理

特集

【住宅・不動産市場2004年上期の展望と課題】賃貸管理/資産の管理運営業務で活路見出せ/空室対策が急務

 賃貸管理業界は、激動の時代を迎えると言って良いだろう。賃貸住宅の着工件数が増加し、供給過剰になった。一方、全体的に住居移動が減少しているなかで、住宅購入に踏み切る消費者が増加、入居者の獲得競争が激化するだろう。これに伴い、敷金や礼金などの慣習を見直す動きがさらに広がる。長期安定入居者の確保が重要になる。管理能力から提案力まで高いレベルが求められる。\n\n■客付け力強化がカギ/マンスリーなど形態 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2004年1月1日