その他

連載

取引紛争の事例と解決(190)、(財)不動産適正取引推進機構、保育所経営のために賃貸借契約を締結、目的を達せないので契約白紙にしたい、賃借人の請求を棄却、専門家として調査責任あり

 保育所経営のために賃貸借契約を締結しましたが、保育所として使用できない建物だと判明しました。目的を達せないので契約を白紙にしたいのです。(樋口 良介、42歳、契約社員)  【相談の内容】  樋口さんが勤務する保育所運営会社Xは、平成22年10月頃、新たな保育所を開設するため本件建物の賃借に向けた交渉を開始しました。  賃貸人Yは、Xの求めに応じ、本件建物の確認済証及び検査済証、本件建物の敷地の実 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月31日