行政, 賃貸管理

その他

シェアハウスなど寄宿舎、防火規制一部緩和へ、国交省建物規模など検討始める

 国土交通省は、昨年9月にシェアハウスを寄宿舎に該当すると通知したことで適用となった防火規制について一部緩和する意向を示し、建築基準法施行令を改正する検討を始めた。  2015年4月に施行する、グループホームへのスプリンクラー設置を義務付ける消防法改正にあわせたもの。  今月6日の参院予算委員会でのグループホーム寄宿舎規制に関する質問に対して、太田昭宏国交相は、スプリンクラーを設置している場合や、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月31日