その他

連載

不動産投資家のための、知って得する税金塾、15、消費税対策簡易課税制度みなし仕入れ率見直し

 住宅の貸付であれば消費税は非課税であるが、店舗や事務所用に賃貸する場合には課税売上に該当し、消費税が課税される。原則、前々年度の課税売上高が1000万円を超える場合には消費税の納税義務が発生し、借家人等より預かった消費税から業者等に支払った消費税(仕入税額)を控除した額を納付する必要がある。不動産賃貸業の場合、経費の多くを占めるのが支払利息・減価償却費・固定資産税であるが、これらには消費税がかか ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月31日