その他

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、プロの新聞分析術

 第2次世界大戦のころ、ドイツ軍の動きをピタリと的中させるイギリスの民間人がおり、あまりに的確なのでドイツ軍もその人間をマークし出しました。てっきり特殊な情報ルート(例えばスパイ網)から重要な情報が漏れていると思われたからです。しかしながらそのイギリス人は、すべて新聞などの公開された情報だけで分析していたということが分かりました。  優れた「中国ウォッチャー」である平松茂雄氏は『人民日報』と『解放 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月31日