団体

その他

レディース部が、清掃と防犯活動、宅建南彩支部

 埼玉県宅地建物取引業協会南彩支部(針谷康正支部長)は11日、JR戸田公園駅周辺でレディース部(小佐野ミツ子部長)主催の街路清掃を兼ねた防犯活動を行った。  今回の目的は、振り込め詐欺の予防。昨年は、埼玉県内での振り込め詐欺被害額が18億円にのぼり、2年前から7億円増加した。会員は、協力する埼玉県警蕨警察署員とともにチラシの歩行者への配布やマンション集合ポストへの投函を行った。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月31日