行政

その他

鑑定評価、国際化、ストックに対応、改正基準年内に施行

 国土交通省の国土審議会土地政策分科会不動産鑑定評価部会(部会長=前川俊一・明海大学不動産学部教授)は26日、不動産鑑定評価基準の改正案を了承した。不動産市場の国際化、ストックビジネスの拡大、証券化対象不動産の多様化といったマーケットの変化に対応する。国交省は近く改正基準を公布し、公布から半年以内に施行する。  DCF法の統一的な運用などを定めた2007年以来の大型改正となる。見直しのポイントのひ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2014年3月31日